グランメゾン東京:“尾花”木村拓哉、“倫子”鈴木京香、“京野”沢村一樹の関係が急展開 視聴者「びっくり」

テレビ
連続ドラマ「グランメゾン東京」に出演している沢村一樹さん(左)と鈴木京香さん

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の第7話が12月1日、放送された。同話のラストで、尾花夏樹(木村さん)、早見倫子(鈴木京香さん)、京野陸太郎(沢村一樹さん)の3人の関係性が急展開し、SNSでは「ちょ待てよ!」「展開が早すぎてびっくりした」「ストレートすぎて最高!」「この先が気になる~」といった声が多く上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得するも、己の慢心から招いたアレルギー物質混入事件によって、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花夏樹が、女性シェフの早見倫子と出会い、かつての仲間たちと東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

 同話のラストは、尾花と倫子と距離感に嫉妬していた京野が“ある思い”を打ち明ける……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る