横浜流星:“藍”がくるりん壁ドンからの告白! 予告映像で大反響 第9話の見どころ

テレビ
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第9話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第9話が12月6日に放送される。「死の運命」が見える能力を持つみこと(福士さん)は、義姉の沙羅(菜々緒さん)の運命の日が迫る中、突然運命のビジョンが見えなくなる。義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)と、同級生の遠藤琴(鈴木ゆうかさん)の淡い恋愛模様が急展開を見せる注目回となる。

 第7話(11月22日放送)で、同級生の琴から「調理の学校、あきらめるんだ?」「結構大事な話だと思うんだけど」と言われ、やはり料理の道に進みたいと、進路を考え直した藍。それまでは琴に好意を向けられても、そっけない態度だったが、第7話では、琴の機嫌を伺って待ち伏せたり、自分のお弁当を食べさせるなど、2人の関係性が変わってきていた。

 第9話では、調理師専門学校の面接試験を終えた藍が、高校卒業後に離れ離れになる琴へ思いを伝える。第8話放送後の予告映像では、藍が回り込んで琴を壁に押し付けてから告白するというまさかの瞬間が公開され、SNSでは「本編のどのシーンよりも次回予告の藍の告白に驚いてるんだけど」「え! 急に恋愛モード」「いつの間に?」という驚きの声と共に、その告白方法に「くるりん壁ドン」「『好き、付き合ってください』。ください…敬語さいこーー!!!!」「さすがは『壁ドン仙人』流星くん」と、反響が大きい。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る