おっさんずラブ-in the sky-:第6話「俺とお前の七日間」 嵐を呼ぶ男“獅子丸”山崎育三郎が降臨 キャプテン&成瀬は結託モードに

テレビ
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第6話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第6話「俺とお前の七日間」が12月7日放送される。整備士のシノさんこと四宮要(戸次重幸さん)に告白されたCA・春田創一(田中さん)は、四宮の提案で“1週間お試し交際”をする羽目に。そんな中、天空ピーチエアラインに“嵐を呼ぶバチェラーCA”獅子丸怜二(山崎育三郎さん)が降臨する。

 一方、娘の緋夏(佐津川愛美さん)が春田にフラれたと知ったキャプテン黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)。「自分の立場はいったい……」とモヤモヤしていると、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大さん)から、春田と四宮がお試しで付き合っているという情報が入ってくる。受け入れがたい事実に黒澤と成瀬は、やがてお互いの“恋の利害の一致”に気付き、結託モードになる……。

 「おっさんずラブ-in the sky-」は、35歳でリストラされ、転職して航空会社で働くことになった、モテないポンコツ独身男の春田に、突然のモテ期がやってくる。「グレートキャプテン」と呼ばれ、技術、人柄共に優れたパイロットの黒澤が、一生懸命お客様のために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり恋してしまう……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る