同期のサクラ:第9話 目覚めた“サクラ”高畑充希に新たな試練 ふるさとに帰る決意?

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」第9話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が12月11日、放送される。同話には、平泉成さん、夙川(しゅくがわ)アトムさんらがゲスト出演。平泉さんは、花村建設を解雇になったサクラが面接に訪れる建設会社の社長、夙川さんは、サクラがアルバイトをするコンビニエンスストアの店長を演じる。

 2019年12月。サクラ(高畑さん)が9カ月の長い眠りから、ついに目覚めた。翌日、知らせを受けて病室に駆けつけた百合(橋本愛さん)ら同期の4人は、喜びを伝える。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとした黒川(椎名桔平さん)の力も及ばず、花村建設から解雇されたことを知る。「信じ合える仲間とたくさんの人を幸せにする建物を造る夢をかなえるために頑張る」と話すサクラに、4人は以前のサクラが復活したことを感じる……。

 数週間後。退院したサクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。一方、葵(新田真剣佑)とも話したサクラは、副社長になった黒川の下で葵がバリバリ働いていることを知る。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。さらに、ボランティア活動をしている菊夫(竜星涼さん)がNPOの代表になってほしいと頼まれ、悩んでいること、蓮太郎(岡山天音さん)が営業への異動を命じられ、設計を続けるために転職しようか悩んでいることも聞かされる。

 サクラは、眠っていた間にそれぞれ自分の人生と向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じる。再就職をしようとするサクラの元に、すみれ(相武紗季さん)が様子を見にやってくる。蓮太郎から、すみれに転職するかを「秘密にしてほしい」と口止めされていたサクラだが、すみれはお見通し。うそをつくことができないサクラの就活がうまくいくか心配する。

 そして、建設会社で再び働くためサクラの就活の日々が始まる。しかし、すみれの心配通り、サクラは花村建設を解雇された経緯を正直に話してしまい、軒並み面接で落とされてしまう。貯金もなくなり、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラは、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティーに誘う。当日、準備を進めるサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚えたサクラは、ふるさとに帰る決意をする……というストーリー。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラと同期社員たちの10年間を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る