義母と娘のブルース:スペシャル版がクランクアップ 綾瀬はるか「本当に幸せでした!」

テレビ
スペシャルドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」のクランクアップを迎えた綾瀬はるかさん(右)と上白石萌歌さん(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演で、2020年1月2日に放送されるスペシャルドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」(TBS系、午後9時放送)が、このほどクランクアップを迎えた。撮影のラストカットとなったのは、綾瀬さんが演じる義母の宮本亜希子と、上白石萌歌さんが演じる娘みゆきの2人のシーン。花束を受け取った綾瀬さんは「すごくこのドラマが大好きだったので、同じキャストの皆さん、スタッフの皆さんと一緒にまたこの宮本亜希子を演じることができて本当に幸せでした!」と語っている。

 クランクアップを迎え、花束を手にした上白石さんは「今回は親と子がテーマなので、子どもが素直に笑ったり、泣いたりできる素晴らしさや、それを支えるお母さんの偉大さを感じました。また、こうやってみゆきちゃんとして向き合えたことがうれしいですし、綾瀬はるかさんをはじめとした皆さんとまた新しいものを作れたことが、すごくうれしかったです」とあいさつした。

 2018年7月期に放送された「義母と娘のブルース」は、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描き、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一は竹野内豊さんが演じたほか、良一の娘みゆきは、子役の横溝菜帆さんが演じた。また高校生になったみゆき役で上白石さん、麦田章役で佐藤健さんらが出演した。

 スペシャル版は、連続ドラマの1年後の2019年秋が舞台。撮影は亜希子の新たな勤務先である大阪からスタート。連続ドラマにも登場した「ベーカリー麦田」がある商店街などでもロケが行われた。

 義母・亜希子の再就職から1年後、亜希子は大阪、みゆきは東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍していたが、突然クビを宣告され、帰京することに。亜希子は久しぶりにみゆきのアパートへ行くと、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長の麦田が、タオル1枚の姿で風呂場から出てくるところに遭遇。さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられており……という展開。

 なお、「義母と娘のブルース」全話が年末年始に一挙放送される。12月31日は午前8時55分~同11時50分と正午~午後4時30分、1月2日は午後1~4時。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る