悠木碧:「ヒーリングっど プリキュア」でプリキュア声優に 「夢のよう」 責任も

アニメ
「ヒーリングっど プリキュア」に登場するキュアグレースと声優を務める悠木碧さん(C)ABC-A・東映アニメーション

 声優の悠木碧さんが、人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第17弾「ヒーリングっど プリキュア」で、花のプリキュアのキュアグレースに変身する花寺のどかを演じることが12月26日、分かった。悠木さんはアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公・鹿目まどか役などで知られる人気声優で、2017年公開の「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」でお化けのクックを演じたことがあるが、プリキュア役は初めて。「大変光栄に思いました。同時に、責任も感じました。多くの役者さんが受け継いできたタイトルのバトンを受け取る緊張感、1年かけて毎週見てくださる皆さんに夢と希望を伝えていける喜び、かみ締めつつ、丁寧に届けていきたいです」と意気込んでいる。

 悠木さんは同シリーズのファンでもあり、「プリキュアというシリーズが愛されて丁寧に作られていることを実感しています。自分が大好きなものが大切に作られ、また、その制作工程に携われるなんて夢のようです」と話している。

 悠木さんが演じるのどかは、すこやか市に引っ越してきた中学2年生。おっとりマイペースだが、芯が強くて明るく前向き。いろいろなことをやってみたい気持ちでいっぱいだが、運動はちょっぴり苦手というキャラクター。

 第17弾のキャッチコピーは「手と手でキュン! ハートつないで地球をお手当て!」「パートナーは動物!? ヒーリングアニマルとの絆を胸に最強の癒やしのプリキュアが誕生!」で、モチーフは「地球のお医者さん」。地球を癒やして、“お手当て”してきた秘密の世界・ヒーリングガーデンが、地球をむしばみ、病気にしようとするビョーゲンズの襲撃によって危機に陥り、逃げ延びた3人の地球のお医者さん見習いであるヒーリングアニマルたちが、王女のラテと共にパートナーを探す。3人の普通の女の子が、ヒーリングアニマルたちと出会い、プリキュアに変身し、ビョーゲンズに立ち向かうことになる。

 依田菜津さんが水のプリキュアのキュアフォンテーヌに変身する沢泉ちゆ、河野ひよりさんが光のプリキュアのキュアスパークルに変身する平光ひなたをそれぞれ演じる。ABC・テレビ朝日系で2020年2月2日から毎週日曜午前8時半に放送。

 ◇悠木碧さんのコメント

 --プリキュアを演じることが決まった時の感想。

 プリキュアを演じることが決まった時は大変光栄に思いました。同時に、責任も感じました。多くの役者さんが受け継いできたタイトルのバトンを受け取る緊張感、1年かけて毎週見てくださる皆さんに夢と希望を伝えていける喜び、かみ締めつつ、丁寧に届けていきたいです。

 --キャラクターの第一印象は?

 おおらかで器が大きい子だなと思いました。痛みが分かるから人にも優しくできる。純粋で、ありとあらゆるものに感動できる。ともすれば危うい多感さだけれど、それを優しさと思いやりのまま胸の中に残して立ち上がれるところが、のどか最大の強みではないかと思います。

 --プリキュアシリーズの魅力とは?

 プリキュアは、見るだけで夢や希望をチャージしてくれる、栄養剤のような作品です。私がプリキュアシリーズにハマったのは、大人になってからでした。子供の頃は呼吸するだけで生み出せていた希望ですが、大人になるとかき集めなければ手に入らなくなってくる。それを、大人も子供も関係なく皆に提供してくれる作品。それが、プリキュアシリーズの一貫した魅力だと思っています。

 --視聴者へのメッセージ。

 既に携わらせていただいているありとあらゆる内容から、プリキュアというシリーズが愛されて丁寧に作られていることを実感しています。自分が大好きなものが大切に作られ、また、その制作工程に携われるなんて夢のようです。丁寧に純粋に、毎週皆さんに夢と希望をチャージしていただけるよう、私も希望に胸を膨らませて取り組んでいきますので、ぜひご覧いただけるというれしいです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る