柄本佑:「知らなくていいコト」吉高由里子の元カレ役で注目 「あんなにイケメンだったっけ?」

テレビ
女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の第1話に出演した俳優の柄本佑さん(左)(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が1月8日、放送された。吉高さん演じるヒロイン真壁ケイトの“元カレ”で、動物カメラマンの尾高由一郎役の柄本佑さんについて、SNSでは「柄本佑さんいい。カッコいいよ。今回の役」「柄本佑がカッコよく見える…」「柄本佑さんってあんなにイケメンだったっけ」などの声が上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石静さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。

 柄本さん演じる尾高は、フリーランスの動物カメラマン。報道カメラマンだったころ、かつて世間を騒がせた殺人犯で、第1話でケイトの父と判明した乃十阿徹(小林薫さん)の出所の写真を撮影し、「週刊イースト」に掲載した経験を持つ。現在は妻子持ち、という設定。

 ドラマが始まる前に、柄本さんは「尾高という役が脚本以上に魅力的になるよう努めます。頑張ります」とコメントしていたが、SNSでは「柄本佑なんかキーマンみたいな良さげな役でカッコいい」「柄本佑さん特別イケメンではないのになんかカッコいい」「柄本佑氏良い 色っぽいねえ」などの声が上がった。

 また、ケイトの“今カレ”野中春樹役の「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんと比較し、「重岡くんももちろんカッコいいんだけど、わたしは柄本佑派です」といった声もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る