注目ドラマ紹介:「ホームルーム」 山田裕貴が女子生徒を“狂愛”するストーカー教師を怪演

テレビ
連続ドラマ「ホームルーム」第1話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」が、1月23日、MBS深夜の「ドラマ特区」枠で始まる。原作は、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載中の千代さんの同名マンガ。女子生徒を“狂愛”するストーカー教師という衝撃的な役を、山田さんが体当たりで演じる学園サイコ・ラブコメだ。

 「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎が担任のクラスでは、優等生の桜井幸子へのイジメが続き、その度に愛田が手を差し伸べていた。しかし、幸子をいじめていたのは愛田本人だった。幸子を好き過ぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装う……という衝撃的な展開だ。

 愛田から“狂愛”される桜井幸子を秋田汐梨さん、幸子の親友で「マル」が愛称の丸山のぶ代を富田望生さん、規律に厳しく「鉄の女」と呼ばれる生徒会長の白鳥奈々を大幡しえりさんが演じる。ほかに、横田真悠さん、若林拓也さん、前野朋哉さん、山下リオさんらも出演。映画「全員死刑」や、ドラマ「スカム」「GIVER 復讐の贈与者」などの小林勇貴監督がメガホンをとる。

 第1話は、優等生・桜井幸子が連続して悪質なイタズラ被害に遭い、担任の愛田は臨時ホームルームを開くが、犯人は見付からなかった。愛田は、落ち込む桜井をなぐさめ、カモミール・ティーをプレゼントする。

 家庭の事情で一人暮らしをする桜井は、かつて自分の境遇を聞いて泣いてくれた愛田に恋していた。だが、愛田には桜井の知らない秘密があった。その夜、熟睡する桜井のベッドの下から、謎の人影が現れる……。ドラマは木曜深夜0時59分放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る