橋本環奈:エランドール賞受賞で是枝裕和監督がプレゼンターに 子役時代に出演 「今の私が形成された」

テレビ
「2020年 エランドール賞」授賞式に出席した橋本環奈さん

 映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「2020年 エランドール賞」の新人賞を、女優の橋本環奈さんが受賞し、2月6日に東京都内で行われた授賞式に出席。子役時代に出演した映画「奇跡」の是枝裕和監督がプレゼンターとして駆けつけると、橋本さんは、「この作品をきっかけに女優の道に進みたいと思い、続けてきました。今の私が形成されたといっても過言ではなく、私の出発点でした」と明かしていた。

 是枝監督は「当時『環奈はこの世界でやっていけるバイタリティーがあって、絶対に成功できるから頑張りな』と言ったことを覚えています。今の活躍は意外じゃなくて、自分の目は正しかったと思っています」と祝福した。

 橋本さんは昨年、映画「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督)、「キングダム」(佐藤信介監督)、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(河合勇人監督)などに出演した。
 
 エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。今年は新人賞に橋本さん、神木隆之介さん、安藤サクラさん、横浜流星さん、清原果耶さん、吉沢亮さんが選ばれた。

 また、特別賞は映画「新聞記者」の製作チームが受賞。プロデューサー賞は映画「翔んで埼玉」の若松央樹さんと古郡真也さん、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の清水拓哉さん、家冨未央さん、大越大士さん、プロデューサー奨励賞は映画「蜜蜂と遠雷」の石黒裕亮さん、連続ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の中井芳彦さんが受賞した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る