テセウスの船:“心”竹内涼真、“由紀”上野樹里へのプロポーズに視聴者「幸せ空間」

テレビ
連続ドラマ「テセウスの船」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が2月23日、放送された。同話では、田村心(竹内さん)が岸田由紀(上野樹里さん)にプロポーズをした回想シーンが登場。SNSでは「心さん、ロマンチック」「小さくガッツポーズするの可愛すぎる」「思わず、にやけた」「幸せ空間」といった声が上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでも「#テセウスの船」が世界トレンドの3位に入った。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガが原作。主人公の田村心が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語。

 第6話は、心にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平さん)の冤罪(えんざい)を晴らす証言者・松尾紀子(芦名星さん)が、木村さつき(麻生祐未さん)によって殺害された。心は、姉の鈴(貫地谷しほりさん)の話で「音臼小無差別殺人事件」の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……という展開だった。

 そんな中、心と由紀は、さつきを殺害した「病室から走り去る男」の目撃情報を頼りに「小柄で小太りの眼鏡をかけた男」を捜す。2人は休憩をすることになり、心が、由紀に「俺の友達にすごいへたれがいて…」と切り出し、浜辺でプロポーズをしようとしたときに、由紀が祖母からもらった大切な指輪をなくしてしまい「それどころではなくなって……」と語る。そして、数日後、同じ浜辺に由紀を呼び出し、心は由紀の左手の薬指に指輪をはめながら「見つけたよ、婚約指輪」とプロポーズしたと、由紀に語る。

 さらに、真犯人と直接対決をする決意を固めた心が由紀を呼び出すシーンも登場。心が「タイムスリップした男の話」として、これまでしてきた行動について由紀に打ち明ける。かつて心と結婚していたと悟った由紀が、立ち去ろうとする心に「また、会えますよね!」と大きな声で投げかけた。視聴者からは「涙止まらない」「涙腺、崩壊!」「感動した~」といった声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る