恋はつづくよどこまでも:顎クイ壁ドンキス、ソフトクリームをペロリ… “天堂”佐藤健のキスシーン連発に視聴者大興奮

テレビ
ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第7話の1シーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が2月25日に放送された。佐藤さん演じる“ドS”ドクター・天堂浬(かいり)のキスシーンが3回登場し、視聴者は「もう最高」「今回やばかった! キスシーン多い」「怒涛(どとう)のキス回で胸キュン」などの声が上がり、視聴者を興奮させた。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。

 第7話の冒頭では、天堂の元恋人の妹、若林みおり(蓮佛美沙子さん)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった七瀬の姿が描かれた。「私と先生じゃ釣り合わない」と落ち込む七瀬に対して、天堂は頭をぽんとなでる。「いまさら何言ってんだ? 俺とお前が釣り合わないことなんて、100万年前から分かってる」と続けた天堂は、七瀬に“壁ドン”しながらキスをして、「俺の知らないところで泣くな」と告げると展開した。

 天堂と七瀬が遊園地でデートする場面では、2人でソフトクリームを食べていると、七瀬の鼻にソフトクリームがついてしまう。その姿に、天堂は「それ、俺は取らないからな」と言いつつも、指でふいてあげる。今度はわざと口の横にソフトクリームをつけて、甘えた表情を見せる七瀬に、天堂はまるでキスをするかのように、口でクリームを取ってくれる……という展開だった。

 ラストでは、体調を崩してしまった天堂を、七瀬が看病する場面が描かれた。自分を専属で看病するように七瀬を指名した上条周志(清原翔さん)について、天堂がやきもちをやくと、七瀬は「もしかして嫉妬?」と喜ぶ。そして、天堂にキスをして「これは治療です」と言ってはにかみ……という展開だった。2月4日放送の第4話では、天堂が七瀬にキスをして「これは治療だ」と告げる展開があり、“治療キス”と話題を集めていたが、今回は七瀬からのお返しの“逆治療キス”となった。

 ツイッターでは、「恋つづ」が国内トレンド1位に。SNSでは、「はじめの頭ぽん顎クイ壁ドンキスはやばすぎ」「キュンキュンがやばい」「天堂先生のキスシーンとても可愛くてきれい」「キスの仕方から表情から最高」という声が上がった。「佐藤健最強」「佐藤健がカッコいいのか天堂浬先生がカッコいいのか…いや、両方カッコいいから無敵なのか」という声もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る