ケイジとケンジ:第7話 “豪太”桐谷健太と“修平”東出昌大、意見が分かれる… 今井悠貴らがゲスト出演

連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」第7話の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」第7話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の桐谷健太さん、東出昌大さんダブル主演の連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7話が2月27日に放送される。公園で大学生・江島陸(永田崇人さん)が集団暴行を受けた。加害者は江島と同じ高校の卒業生、久保田明(濱正悟さん)、宮前幸介(柾木玲弥さん)、黛友之(今井悠貴さん=ゲスト出演)の3人。取り調べで、仲井戸豪太(桐谷さん)の聴取した黛が自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認めた。

 検察では真島修平(東出さん)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人さん)が宮前を、持丸栄(峯村リエさん)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張。豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かを巡って意見が分かれるが……。

 桐谷さん扮(ふん)する元体育教師で中途採用の刑事と、東出さん演じる東大卒の頭でっかちな超エリート検事というタッグの活躍を描くオリジナルドラマ。脚本はドラマ「海猿」や「ガリレオ」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」などを手がけた福田靖さん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る