アライブ:第8話 “心”松下奈緒が“薫”木村佳乃を自宅に… 萩原利久がゲスト出演

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 10
連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第8話「18歳の少年が抱えるがん」が2月27日、放送される。萩原利久さんがゲスト出演し、幼い頃からがんで入退院を繰り返す高校生の井上和樹を演じる。

 恩田心(松下奈緒さん)は、抗がん剤治療を受けないと言う患者・高坂民代(高畑淳子さん)に理由を尋ねる。「動けるうちにやりたいことをやっておきたい」と答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃さん)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。

 そんな中、和樹(萩原さん)が入院してくる。大学入学を目前に控えてがんが再発してしまった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵さん)は、医局で光野守男(藤井隆さん)から、子供の時に入院していた和樹は優しくて頑張っていたと聞かされるが、和樹と家族たちは病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた奈海は和樹に寄り添おうとする。

 心は奈海や結城涼(清原翔さん)に若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと、患者との交流会を開催。奈海と結城は患者や家族の本音を聞く。その後、心は薫たちを自宅に誘う。恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也さん)と漣(桑名愛斗くん)の待つ室内に入るが、薫はためらう。

 ドラマは、がん治療のスペシャリストの腫瘍内科医・心と、がんと闘う女医で有能な消化器外科医・薫の女医2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描く完全オリジナルドラマ。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る