10の秘密:第8話 3億円の行方は? 向井理が仲間由紀恵追い詰める 仲里依紗の“秘密”も明らかに…

連続ドラマ「10の秘密」第8話のワンシーン(C)カンテレ
1 / 3
連続ドラマ「10の秘密」第8話のワンシーン(C)カンテレ

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第8話が3月3日に放送される。

 圭太(向井さん)は、瞳(山田杏奈さん)を誘拐した由貴子(仲間由紀恵さん)を法の下で裁くため、竜二(渡部篤郎さん)と手を組んだ。早速、帝東建設の社長、長沼(佐野史郎さん)の失脚をもくろむ竜二の指示で、不正の証拠を週刊誌にリークする。その矢先、竜二を尾行していた翼(松村北斗さん)から、菜七子(仲里依紗さん)と竜二が2人で会っていたことを聞かされる。

 菜七子らしからぬ行動だと疑問を感じた圭太が、菜七子を問い詰めると、菜七子は長年の秘密を打ち明ける。

 その頃、由貴子は3億円がある人物の手元にあることに気づき、次の手に出る。そして、今度こそ誰にも邪魔させないと細心の注意を払い逃亡を図るが、そこへ再び圭太が立ちふさがる……というストーリー。

 同話の予告映像では、「対峙(たいじ) 殺人事件の真相」というテロップと共に、翼が竜二に接触するシーンなどが収められている。

 「10の秘密」は、連続ドラマ「嘘の戦争」「銭の戦争」「チーム・バチスタ」(いずれもカンテレ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた後藤法子さんのオリジナル脚本。シングルファーザーの圭太が一人娘の瞳を誘拐されたのを発端に、元妻の由貴子たち登場人物のさまざまな秘密が明らかにされ、次々に事件が巻き起こるサスペンス。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る