恋はつづくよどこまでも:第8話 “天堂”佐藤健、訴えられる “七瀬”上白石萌音はある行動に出て…

女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第8話の1シーン(C)TBS
1 / 6
女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第8話の1シーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が、3月3日に放送される。

 佐倉七瀬(上白石さん)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔さん)は、天堂浬(佐藤さん)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。上条の容体を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその思いを託す。循環器内科では、七瀬だけではなく、看護師たち皆で上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意する。

 そんな中、入院中の杏里(住田萌乃さん)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることに。しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまう。七瀬は、上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て……。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る