知らなくていいコト:“野中”重岡大毅に「野中ロス」「いとおしい」と話題に “編集長”佐々木蔵之介に「岩谷ロス」の声も(ネタバレあり)

ドラマ「知らなくていいコト」の最終回のワンシーン(C)日本テレビ
1 / 1
ドラマ「知らなくていいコト」の最終回のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回が3月11日に放送された。「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん演じる野中春樹について、SNSでは「一周回って野中ロス」「みんなが尾高ロスの中、私は野中ロス」「何周も回って野中ちょっといとおしいわ!笑」などの反響があった。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石静さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。

 ◇以下、ネタバレあり

 最終回では、ずっと会社を休んでいた野中が、突然出社。編集長の岩谷(佐々木蔵之介さん)に「何日も休んですみませんでした」と謝罪し、退職願を提出する。岩谷は、「そうか。まあ仕方ないな」と素っ気なく受け取ると、野中は半笑いしながら「お世話になりました」とあいさつ。

 そして、編集部のメンバーに向かって、大きな声で、「皆さん! 『真相スクープ』に真壁さんを売ったのは僕です! どうぞ、どうぞどうぞ、軽蔑してください。僕、会社去りますので。ホントにすみませんでした」と語る。

 すると岩谷は、野中に「乃十阿徹(小林薫さん)は無実」と伝える。ケイトの父、乃十阿徹が殺人犯ということで、ケイトとの婚約を破棄していた野中は「僕たちはなんで別れたんですか?」とつぶやく。そんな野中に、岩谷は「ケイトにはもう、尾高(柄本佑さん)がいる。お前と別れて大正解だ」と話す……という展開だった。

 ラストでは、2023年の様子が描かれた。「闇落ちする亀」という小説が売れ、“闇落ちTシャツ”を着て作家としてテレビ出演する野中の様子が描かれた。

 視聴者から「野中最低」「野中は相変わらずのクズだけど、ここまでくると逆に笑えてくる(笑い)」といった声が上がるなど、話題となった。野中役について、重岡さんは「ほんまに、これまでにこんな役、演じたことがないから(笑い)! めったに巡り合えない役だと思うんですけど、演じられて良かったなと、めっちゃ思ってます」とクランクアップのあいさつで話していた。

 SNSでは「最後の小説家野中はかっこよかった」「最終的に一番幸せになったの野中春樹じゃん?」「最終的にすべて持っていってしまった野中春樹が最高だった」という声が上がっていた。

 佐々木さんが演じる岩谷についても、「岩谷ロス」「最終回も岩谷編集長の色気が炸裂(さくれつ)」「尾高さんもかっこいいけど岩谷編集長が一番やばいな」という声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る