福原遥:“まいんちゃん”のイメージから脱却 「情熱大陸」で成長の軌跡追う

テレビ
番組「情熱大陸」に出演する福原遥さん(C)MBS

 女優の福原遥さんが、3月22日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系、午後11時25分)に出演する。小学校1年生で芸能界入りした福原さんは、2009~13年に放送された子供向けの料理・食育番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」(NHK・Eテレ)で“まいんちゃん”として人気を博したことから、そのイメージからの脱却に苦しんだ時期や、芸能界を辞めてメークアップアーティストになろうと本気で考えたことなどを明かす。

 2019年、福原さんは主演映画「4月の君、スピカ」(大谷健太郎監督)、「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督、杉野遥亮さんとダブル主演)の2作が公開され、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)などのドラマに立て続けに出演するなど、大人の女優として開眼。今年に入って女優業に加え、歌手としての活動にも力を入れている。

 番組では、福原さんのさまざまな現場に同行。スタッフや共演者から「本当にいい子」と評判は上々の福原さんだが、人を押しのけてでも勝ち残っていくんだという気の強さが必要ともいわれている芸能界には、「いい子は大成しない」というジンクスがある。福原さん自身も「何を言っても優等生みたいに受け取られる」と悩みを打ち明ける。

 21歳になり、女優や声優、モデル、歌手と活躍の場を広げる福原さんの成長の軌跡を追う。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る