病室で念仏を唱えないでください:伊藤英明&ムロツヨシが仲良くクランクアップ 中谷美紀、松本穂香も

テレビ
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」のクランクアップを迎えた伊藤英明さん(左)とムロツヨシさん(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)で、主人公の僧医、松本照円(しょうえん、照之)役の伊藤さんら主要キャストがこのほどクランクアップを迎えた。

 伊藤さんは、4カ月にわたった撮影について「自分が座長として、どこまでできるのかとの不安もあった中で、無事クランクアップを迎えることができて、皆さまに感謝しています」と話し、「最後に、『テセウスの船で、念仏を唱えつづくよどこまでも!』、皆さんお疲れさまでした」と同局系で今クールに放送された人気ドラマのタイトルをもじってあいさつ。さらに「同世代の3人組(中谷美紀さん、ムロツヨシさん)で、また作品に携われたら」と2人との再共演を望んでいた。

 松本とたびたび衝突をしてきた濱田達哉役のムロツヨシさんは、伊藤さんとそろってクランクアップ。ムロさんは「無事に終了することができました。ありがとうございました。今回の役は、いつにも増してやりがいのある役で楽しかったです(笑い)。ネットなどに(テレビが)押されている昨今ですが、今後もテレビドラマはすごいと思われる作品に関わっていきたいです」と語った。ムロさんと伊藤さんは仲良く肩を組んで記念撮影に応じていたという。

 児嶋眞白役の松本穂香さんは、2人と別のシーンで撮影が終了。松本さんは「伊藤さん、中谷さん、ムロさんをはじめ、皆さんとお芝居ができてうれしかったです。芝居は難しいけど、芝居は演じる“人”が出ます。皆さんから学んだことを今後も生かして、もっと人として成長していけるよう頑張ります」とあいさつ。そこへサプライズで、一足先にクランクアップを迎えた田中玲一役のダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが僧侶姿で駆け付け、松本さんに花束を渡した。

 伊藤さんとムロさんがクランクアップした前日に撮影が終了した三宅涼子役の中谷さんは「『救うって何だろう』というせりふの中で、『演じるって何だろう』という思いで演じてきました。その思いを大事に、今後も一つ一つの作品に向き合っていきたいと思います」とコメントした。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)でこやす珠世さんが連載中の同名マンガが原作。最終回は3月20日午後10時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る