絶対零度~未然犯罪潜入捜査~:沢村一樹主演の“月9”ドラマ特別編視聴率は10.1% 視聴者「希望あふれるラスト」「感動」

テレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主演の沢村一樹さん

 3月16日に最終回を迎えた沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマの特別編「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~AFTER STORY『あれから一年、新たなる旅立ち』」が3月23日、2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 特別編は「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)がテロ計画を阻止した1年後を描いた。「未然犯罪防止法案」が成立し、犯罪抑止への期待が寄せられる一方で、個人情報の取り扱い方や監視社会を危惧する声も上がっていた。警視庁では「未然犯罪捜査課」の任命式の準備が進められていた。そんな中、井沢(沢村さん)がリーダーを務める「未然犯罪捜査対策準備室」は、新たな危険人物として桐島直久を探知。桐島は退官した元陸上自衛隊員で、狙撃の名手。誰を標的にしているのか、分からなかった。井沢は、防犯カメラで桐島の姿が確認された付近のオープンカフェへ。そこで、桐島に隣のビルから銃で狙われ……という展開だった。

 ラストでは、未然犯罪捜査対策準備室から、未然犯罪捜査課に配属されることになった井沢、山内(横山裕さん)、小田切(本田翼さん)、加賀美(柄本明さん)、吉岡(森永悠希さん)が任命式に出席。それぞれの、これまでの苦難や活躍を振り返る演出もあり、SNSでは「今までのことを思い出すとウルウルしてきた」「希望にあふれたラスト!」「感無量……」「今後にも期待したい!」といった声が続々と上がった。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木泉(上戸彩さん)の活躍と成長を描いた。2018年7月期放送のシーズン3と今作は、井沢範人らミハンのメンバーが「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪”を予測して捜査をし、さまざまな事件を解決する姿を描いた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る