映画興行成績:「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」が初登場首位 「一度死んでみた」は2位発進

映画
映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のビジュアル(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C)DC Comics

 3月23日に発表された21、22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、米DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインが主人公の映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」(キャシー・ヤン監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約8万1000人を動員し、興行収入は、約1億2300万円を記録した。

 初登場作品では、女優の広瀬すずさん主演の映画「一度死んでみた」(浜崎慎治監督)が、土日2日間で動員約6万7000人、興行収入約8600万円をあげて、2位にランクイン。公開初日の3月20日から3日間の累計では、動員が約10万9000人、興行収入が約1億3700万円となった。ほかにも、女優の波瑠さん、俳優の成田凌さん共演の「弥生、三月 君を愛した30年」(遊川和彦監督・脚本)が6位、ドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」(豊島圭介監督)が7位に初登場した。

 累計では、4位の「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)が動員で322万人、興行収入で44億円を突破。9位の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(中田秀夫監督)は、動員82万人、興行収入10億円に達した。10位の「犬鳴村」(清水崇監督)は、動員が100万人を突破し、興行収入は13億円目前となっている。

 1位 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
 2位 一度死んでみた
 3位 Fukushima 50
 4位 パラサイト 半地下の家族
 5位 仮面病棟
 6位 弥生、三月 君を愛した30年
 7位 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
 8位 ミッドサマー
 9位 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
 10位 犬鳴村

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る