JIN-仁-:きょう“レジェンド”スタート 大沢たかお主演のSF医療時代劇 綾瀬はるか、中谷美紀、内野聖陽ら豪華キャスト

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
1 / 1
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」が、4月18日午後2時にスタートする。

 「JIN-仁-」は、東都大学附属病院の脳外科医だった南方仁(大沢たかおさん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という展開。綾瀬はるかさん、桐谷健太さん、武田鉄矢さん、中谷美紀さんら豪華キャストが出演している。

 村上もとかさんのマンガが原作。脳外科医役の大沢さんは、劇中に登場する手術シーンに対して、事前に綿密な取材をし、吹き替えなしで臨んだという。そんな並々ならぬ主演の意欲で医療シーンにリアリティーを持たせ、また撮影セットや衣装など、高いクオリティーで江戸時代を再現。本格派のキャストや舞台装置がそろい、見応えのある重厚なドラマに仕上がっていた。放送時には仁の「神は乗り越えられる試練しか与えない」といった名ぜりふも話題となった。

 その結果、パート1の最終回の平均視聴率は25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、瞬間最高視聴率29.8%を記録。パート2の最終回の平均視聴率は26.1%、最高視聴率は31.7%を記録。日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門最優秀賞など国内外の賞を43冠獲得する破格の大ヒットとなった。

 「JIN-仁- レジェンド」第1回では、パート1の1話「時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!」、2話「命を救う事の悲劇」、3話「未来との決別…」を放送。

 南方仁(大沢さん)には自身の手術によって植物状態になってしまった婚約者の友永未来(中谷さん)がいた。ある日、当直だった仁は、救急で運ばれてきた身元不明の男を手術する。手術は無事に終わったが、その患者が直後に病院から逃げ出そうとする。患者を捕まえようとした仁は階段から落ちて気絶してしまう。

 仁が目を覚ますと林の中にいた。歩き回っていると、まげ姿の男たちが斬り合いをしている現場に巻き込まれる。橘恭太郎(小出恵介さん)に助けられ、その場を逃れるが、仁をかばい、恭太郎は傷を負っていた。仁は恭太郎の自宅で、手術道具がままならない状況の中で緊急手術を行い、恭太郎の命を救う。恭太郎の妹、咲(綾瀬さん)はそんな仁に興味を抱く。仁は江戸時代にタイムスリップしたことを確信し、現代に戻ろうとするが、そんな仁の前に坂本龍馬(内野さん)が現れ……というストーリー。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送。第2回は4月19日午後2時から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る