鍵のかかった部屋:大野智の“月9”初主演ドラマ 「特別編」が5月11日放送

連続ドラマ「鍵のかかった部屋」に出演する(左から)佐藤浩市さん、大野智さん、戸田恵梨香さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「鍵のかかった部屋」に出演する(左から)佐藤浩市さん、大野智さん、戸田恵梨香さん(C)フジテレビ

 人気グループ「嵐」の大野智さん主演で、2012年4月期に放送されたフジテレビ系“月9”ドラマ「鍵のかかった部屋」が、「特別編」として5月11日午後9時から放送されることが4日、明らかになった。同局によると、新型コロナウイルス感染拡大により全国的に「STAY HOME」が取り組まれる中、「家族そろって楽しめるドラマ」ということで、同作が選ばれたという。

 主演の大野さんは、「来週11日夜9時から、僕が主演した『鍵のかかった部屋』の特別編が放送されることになりました。このドラマは、僕が演じる主人公・榎本が密室トリックの謎を解き明かしていくミステリードラマで、僕の月9初主演作でもあるので、とても思い出深いドラマです。榎本がどうやって密室トリックの謎を解き明かしていくのか? ぜひご家族そろって一緒にお考えいただき、楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 「鍵のかかった部屋」は、人気作家・貴志祐介さんの小説が原作。大手警備会社に所属し、鍵や錠前などのセキュリティーを研究している防犯オタクの榎本(大野さん)が、鋭い洞察力と集中力で、完全犯罪と思われた密室事件のトリックをパズルを解くように破っていく。榎本に事件解明の協力を依頼する弁護士の青砥純子を戸田恵梨香さん、青砥の上司のエリート弁護士、芹沢豪を佐藤浩市さんが演じた。

 特別編第1回は、「東京総合セキュリティ」に勤める榎本が弁護士の青砥に頼まれ、先輩弁護士の芹沢と密室事件の現場にやってきた。そこは、葬儀会社の社長の遺体が見つかった山荘だった。警察は、山荘が密室だったこと、社長が末期のがんを患っていたことから自殺と断定。だが社長の友人・円山(浜田晃さん)と司法書士の日下部(堀部圭亮さん)は疑念を抱き、芹沢に調査を依頼し……というストーリー。

 同局では、新型コロナウイルス感染拡大への配慮のため、連続ドラマの撮影を休止。それに伴い、4月期の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ2」は、第3話以降の放送を延期している。5月4日午後9時からは、長澤まさみさん主演「コンフィデンスマンJP」の傑作選「スポーツ編」を放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る