麒麟がくる:「道三ロス」がくる 名場面プレーバック 全てはここから始まった…“緑茶毒殺”

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第2回のワンシーン 本木雅弘さん演じる斎藤道三 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第2回のワンシーン 本木雅弘さん演じる斎藤道三 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)。ここまでの物語で「MVP」を一人挙げるとしたら、“美濃のマムシと恐れられた男”斎藤道三を演じる本木雅弘さんの他にいないだろう。5月10日放送の第17回「長良川の対決」では、道三が嫡男・高政(伊藤英明さん)と争い命を落とした「長良川の戦い」が描かれるといい、「道三ロス」は目の前まで迫ってきていると言っても過言ではない。そんな本木道三の活躍を振り返る名場面プレーバック。きょうは第2回「道三の罠(わな)」(1月26日放送)の“緑茶毒殺”を紹介する。

 ◇敵を欺き織田軍に勝利したあと“事件”は起こった!

 ドラマには第1回「光秀、西へ」(1月19日放送)から登場していた本木道三だが、最初にその存在が大きくクローズアップされたのが、この第2回「道三の罠」だ。

 物語は、京で知り合った医者の望月東庵(堺正章さん)と、東庵の助手の駒(門脇麦さん)を連れ、光秀(長谷川さん)が美濃へ帰ってくるところから始まる。その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典さん)の大軍が迫っており、兵の数は美濃側の約5倍。多勢に無勢の中、籠城(ろうじょう)を決め込む道三に、光秀と高政(伊藤さん)は不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった。

 籠城を決め込むと見せかけ、一気に反撃に出て、信秀を敗走へと追い込んだ道三は夜、娘婿(むすめむこ)で、美濃の守護・土岐頼純(矢野聖人さん)と対面。尾張側と裏で通じていた証拠を突きつけられ、怒りに震える頼純を前にし、その場で茶を立て始める。頼純が差し出された茶に口をつけると、やがて苦しみだし……と展開した。

 ◇“緑茶毒殺”に視聴者は恐怖 「伊右衛門」公式ツイッターがまさかの反応

 “美濃のマムシと恐れられた男”がその毒牙を見せた瞬間で、頼純が毒にもがき苦しみ、絶命する瞬間まで、表情一つ変えず朗々と歌を歌い上げる道三の姿に「こ、怖い」「目がヤベエ」「本木道三の迫力がハンパない」などと視聴者は恐怖した。

 また、本木さんがサントリーの緑茶飲料「伊右衛門」のCMキャラクターを長年、務めていることから、「毒入り伊右衛門怖い」「モックンの伊右衛門CMの今後が危ぶまれる展開」「モックンがお茶に毒を盛るってCM的に大丈夫なん!?」と心配する声が次々と上がると、後日「伊右衛門」の公式ツイッターがまさかの反応。「昨晩は、主人が熱演のあまり、皆様をお騒がせしましたようで、すみません。まずは心を落ち着け、茶などお召し上がりくださりませ。妻より」と、CMで妻を演じる宮沢りえさんの画像付きでツイートし、大きな盛り上がりを見せた。

 本木さんは同シーンを振り返り、「まだクランクインして間もなく、現場にも慣れていない撮影序盤の夜、長時間に及ぶ撮影でした。10キロくらいの甲冑(かっちゅう)を着けたまま、さまざまな所作をするのが拷問のようで、茶道の所作が特に大変でした」とコメント。

 さらに「正直、背すじを伸ばすだけで必死なんです! でも顔はクールでいなければいけないので、甲冑の内側は汗かきまくりでした」と苦労を明かすと、土岐頼純と自分自身を重ね「実人生でも破天荒な父を持つ娘の婿ですので、『もし自分が親も子もない戦国の世に生きていたら……』と思うと、このシーンはひとごととは思えず(汗)。我ながらぞっとしました」と撮影当時の心境を明かした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る