M 愛すべき人がいて:第1話“リミックスバージョン”放送 伊集院光&古市憲寿が“相当マニアックで香ばしい番組解説”

テレビ
(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)第1話の“リミックスバージョン”が5月9日に放送される。スペシャルオーディオコメンタリーとしてタレントの伊集院光さんと、社会学者で作家の古市憲寿さんが参加した“相当マニアックで香ばしい番組解説”に加え、第4話以降の見どころが初出しされる。

 第1話は、1993年、福岡から上京してきたアユは、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。ある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友さん)と六本木のディスコへ行くと、カリスマプロデューサー、マックス・マサと出会う。翌日、アユにマサから電話が……。

 原作は、“歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。安斉さんは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティストのアユ、三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」を設立した名プロデューサー、マックス・マサを演じる。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、撮影スケジュールに変更が生じているため、第4話の放送は延期されている。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る