鍵のかかった部屋:戸田恵梨香演じる弁護士・青砥純子の新場面カット公開

連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のシーンカット(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のシーンカット(C)フジテレビ

 人気グループ「嵐」の大野智さん主演で、2012年4月期に放送されたフジテレビ系“月9”ドラマ「鍵のかかった部屋」の「特別編」が5月11日に放送されるにあたり、ドラマの新場面カットが同日、公開された。写真は、ジャケットに肩からかばんを下げた弁護士・青砥純子役の戸田恵梨香さんの姿が収められており、放送当時、場面写真として公開されなかったものだという。

 「鍵のかかった部屋」は、大野さんが“月9”初主演を飾った作品。人気作家の貴志祐介さんの小説が原作のミステリー。大手警備会社に所属し、鍵や錠前などのセキュリティーを研究している防犯オタクの榎本径(大野さん)が、鋭い洞察力と集中力で、完全犯罪と思われた密室事件のトリックをパズルを解くように破っていく。戸田さん演じる青砥は榎本に事件解明の協力を依頼する弁護士という役どころ。佐藤浩市さんが青砥の上司のエリート弁護士、芹沢豪を演じた。

 「鍵のかかった部屋 特別編」は、5月11日午後9時から放送。

テレビ 最新記事