鍵のかかった部屋:今夜「特別編#2」放送 大野智×戸田恵梨香×佐藤浩市が“練炭自殺者”の真相探る

連続ドラマ「鍵のかかった部屋」に出演した戸田恵梨香さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「鍵のかかった部屋」に出演した戸田恵梨香さん(C)フジテレビ

 人気グループ「嵐」の大野智さん主演で2012年4月期に放送されたフジテレビ系“月9”ドラマ「鍵のかかった部屋」の「特別編#2」が5月18日午後9時から同局で放送される。

 大手警備会社に所属し、鍵や錠前などのセキュリティーを研究している防犯オタクの榎本径(大野さん)は、会田愛一郎(中村獅童さん)を連れて、青砥純子(戸田恵梨香さん)と芹沢豪(佐藤浩市さん)を訪ねてきた。会田のおい・大樹が自室で練炭による一酸化炭素中毒で死亡し自殺とされたが、会田は大樹が妹の美樹(福田麻由子さん)を残して死ぬとは思えないと語る。

 大樹が死亡した日、会田は兄妹の継父で、中学校の科学教師・高澤(高嶋政宏さん)の連絡で高澤家にやって来ていた。大樹の部屋の前では美樹がドアをたたいていたが、反応がない。

 そこで、高澤が電動ドリルでドアノブの上に穴を開けた。その穴から会田が工具を差し入れ、鍵を開けた。しかし、ドアには隙間(すきま)を埋めるように内側からビニールテープが貼られ、ドアを開ける際、ベリベリとテープがはがれる音がし、同時に紙テープの切れ端が舞い上がったという。壁には、紙テープで「サヨナラ」という文字がつづられ、大樹はベッドで死亡していた。

 大樹と美樹は3年前に母親を亡くした。会田は、大樹が多額の遺産を受け継ぐため高澤に殺されたのではないかと疑っていた。榎本は、ドアと窓に貼られていたのがガムテープではなくビニールテープだったことが気になると明かす。仮に高澤が犯人だったとして、施錠された窓やドアの内側からどうやってテープを貼ったのか、3人はあらゆる可能性を探っていく……。

 原作は人気作家・貴志祐介さんのミステリー小説。防犯オタクの榎本が、鋭い洞察力と集中力で、完全犯罪と思われた密室事件のトリックを、パズルを解くように破っていく姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画