麒麟がくる:そこはかとないバカ殿感… ユースケ・サンタマリア“朝倉義景”に「うさん臭い」「ハマり役」の声

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第18回に登場したユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第18回「越前へ」が5月17日に放送され、朝倉義景役でユースケ・サンタマリアさんが初登場した。

 第18回では、高政軍の追っ手から、命からがら美濃を脱出する光秀(長谷川さん)たち。帰蝶(川口春奈さん)の取り計らいで現れた伊呂波太夫(尾野真千子さん)に導かれ、隣国・越前の地へたどり着く。領主・朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する太夫に、義景は値踏みするように光秀を見つめ、渋々ながら了承する……。

 ひょうひょうとしていながらも、一癖も二癖もあるような“ユースケ義景”に対して、SNSでは「ユースケさん、やっぱりうさんくさー」「うさん臭さ全開やの」「『穏やかに暮らしたいのじゃ』って、うーん、うさん臭い」などと視聴者は反応。

 そのほか「つかめない、つかみどころがない。すごくいい。義景」「なんか、すごいはまり役では」「こういう役やらせたら最高だよね」といった声に加え、「バカ殿のご先祖様か?」「バカ殿に見えちゃう」「バカ殿っぽい」「そこはかとないバカ殿感……」といった感想も多かった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る