ロン・モンロウ:話題の中国人美女がテラスハウス入居 日本語習得のため 恋人は…

テレビ
「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に入居したロン・モンロウさん(C)フジテレビ/ イースト・エンタテインメント

 ドラマチックドキュメンタリー「テッペン!『ダブルベッド』」(TBS系)に出演して注目を集めた中国出身のタレント、ロン・モンロウさん(25)が、人気番組「テラスハウス」の最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に“入居”した。5月19日に動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で配信された第42話から登場している。

 ロン・モンロウさんは1994年7月31日生まれ。2014年に中国のオーディション番組でグランプリを獲得し、注目を集めると、2018年、大学卒業後に来日。CMやドラマ、語学番組に出演し、2019年8月公開の劇場版アニメ「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」では声優も務めた。

 入居前、ある中華料理店で話していたロン・モンロウさん。テラスハウスへの入居については、1年8カ月前に来日してからずっと一人暮らしだったため、いろいろな人と生活し、まだ勉強中という日本語を学びたいという思いが理由と説明している。恋人は来日して以来いないという。

 ロン・モンロウさんは入居当日、テラスハウスのメンバーに温かく迎え入れられた。男性メンバーの鈴木志遠さんは、ロン・モンロウさんのインスタグラムを見ていたといい、日本語を勉強するために毎日日記をアップしていたロン・モンロウさんのSNSに刺激を受け、日記を書く必要性を痛感して自身も書き始めたと告白。さらに、中国語を勉強中だという女性メンバーの吉田夢さんは、ロン・モンロウさんに教えてもらえると喜んでいた。ロン・モンロウさんは、来日のきっかけや日本での芸能活動について語り、「日本語をたくさん教えてほしい」とメンバーにお願いする。

 第43話は5月26日に配信。なお、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」は新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影を停止しており、撮影停止前の第44話まで配信される予定。今後の撮影再開、第45話以降の配信については、決定次第、公式SNSなどで発表される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る