ハケンの品格:2007年版の特別編「第七夜」 “春子”篠原涼子が契約終了 最終回を放送

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
1 / 5
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第七夜」が、5月27日午後10時から放送される。今回は、最終回「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」が放送される。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編。篠原さん演じる、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る。

 「第七夜」は、「ハケン弁当」の発売日が迫る中、春子は当初の宣言通り3カ月で会社を去ることを決めていた。賢介(小泉孝太郎さん)は美雪(加藤あいさん)から、契約更新を辞退させてほしいと告げられる。ある日、賢介のパソコンを開くことになった春子は、東海林(大泉洋さん)のメールから東海林が耐え難い疎外感を味わっていることを知る。「ハケン弁当」発売を2日後に控え、春子と美雪の契約終了の日がやってきた……というストーリー。

 続編では篠原さん、大泉さん、小泉さん、勝地涼さん、上地雄輔さんが続投するほか、新キャストとして杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんも出演する。近日放送。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る