逃げ恥:特別編第2回視聴率10.0%と2桁キープ 新垣結衣&星野源の“リモート恋ダンス”も話題に

 女優の新垣結衣さんと歌手で俳優の星野源さん共演の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系、2016年)の特別編「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編」第2回が5月26日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録と、初回の11.0%(同)に続き、2桁台をキープした。

 この日のエンディングでは、新垣さんと星野さんがリモートで恋ダンスを踊る“リモート恋ダンス”の新映像がサプライズで流れ、視聴者は「リモート恋ダンス最高かよ」「かわいすぎるガッキー」「やばすぎー!」「今の平匡さんとみくりさんが恋ダンス踊ってた」と盛り上がっていた。

 ドラマは、海野つなみさんの同名マンガが原作で、新垣さん演じる「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣さん)が、自らを“プロの独身男”と自負する恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源さん)と契約結婚して、“訳ありの新妻”として生活を始めるというラブコメディー。みくりの伯母を石田ゆり子さん、津崎の同僚でゲイの沼田頼綱を古田新太さんが演じるほか、大谷亮平さん、真野恵里菜さんらも出演している。

 第2回は、専業主婦として“就職”した森山みくり (新垣さん)は雇用主である夫・津崎平匡(星野さん)との“契約結婚”が周囲にバレないように注意を払っていた。しかし、突然の結婚宣言に不審を抱いていたみくりの伯母の土屋百合(石田ゆり子さん)を説得するため、2人はみくりの父(宇梶剛士さん)、母(富田靖子さん)や津崎の父(モロ師岡さん)、母(高橋ひとみさん)らを集めて両家の顔合わせの席を設けることにする。そこで波乱の展開が……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る