朝ドラ:主演オーディションは過去のもの? 6作連続キャスティングで見えたもの

テレビ
2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを務める清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが、2021年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」で主演を務めることが先日、発表された。今回、オーディションではなくキャスティングによる起用とのことだが、2015年度後期の朝ドラ「あさが来た」で女優デビューを果たし、昨年の“100作目の朝ドラ”「なつぞら」でも印象深い演技を披露してきた清原さんが、来春から“朝の顔”となることに対して異論を唱える人は少ないだろう。一方、これで朝ドラの主演は、2018年度後期の「まんぷく」の安藤サクラさん以降、6作連続のキャスティングとなり、フレッシュな若手女優を抜てきするという、みんながイメージする朝ドラオーディションは過去のものとなりつつあるが、果たして……。

 ◇

 「若手女優の登竜門」と言われることの多かった朝ドラ。そういった側面を視聴者に印象付けてきたのが、主演のオーディションだ。近年では、2013年度前期「あまちゃん」ののんさん以降、2015年度前期「まれ」の土屋太鳳さん、同後期「あさが来た」の波瑠さん、2016年度前期「とと姉ちゃん」の高畑充希さん、同後期「べっぴんさん」の芳根京子さん、2017年度後期「わろてんか」の葵わかなさん、2018年度前期「半分、青い。」の永野芽郁さんが、10代後半から20代前半のときにオーディションによって主演に抜てきされてきた。

 彼女たちがそれぞれの作品を通じて大きく知名度を上げたことは間違いない。その一方で、長期間にわたる撮影や、ほぼ毎日放送される国民的番組の顔として過ごす日々の重圧は相当なもの。ここ数年はSNSでの盛り上がり(次々と上がる視聴者の声)とも無縁ではいられず、演技以外の面(ストーリー展開やメーク、ファッションまでと多岐にわたる)で主演が批判の対象になることもあった。

 「半分、青い。」の永野さんは、クランクアップ後のインタビューで、「『朝ドラ、イコール大変』という印象がつきすぎるのが嫌」で、取材の際には「『大変です』と言わないようにしていた」と明かしていたが、朝ドラの主演は、それ相応の覚悟がないと務まらないポジションと言えるだろう。

 これは偶然とは思うが、実際「半分、青い。」の永野さんを最後に、朝ドラ主演オーディションは行われていない。また、昨年放送の“100作目の朝ドラ”「なつぞら」の主演に広瀬すずさんを“キャスティング”した磯智明チーフプロデューサー(CP)も当時、「(時代的に)実績のない一人の若手に全てを背負わせていいのかという思いはある」と、朝ドラ主演をオーディションによる「抜てき枠」として存続させることの難しさを口にしていた。

 ◇

 では、「若手女優の登竜門」と言われてきた朝ドラは「発掘」そのものをやめてしまったのだろうか? その答えとなりそうなのが、今回新しく朝ドラの主演に起用された清原さんの存在だ。前述の通り、女優デビューも朝ドラ(「あさが来た」)なら、女優としての評価を不動のものにしたのも朝ドラ(「なつぞら」)。そのほか、初主演ドラマ「透明なゆりかご」(2018年)、初主演時代劇「螢草 菜々の剣」(2019年)も含め、まさに朝ドラとNHKによって若くして発掘され、育てられてきた女優と言える。

 なお、清原さんが「あさが来た」に出演したのが13歳のとき。ここ最近の朝ドラでは、当時の清原さんよりもさらに下の年齢の子役たちにスポットが当たることも珍しくなく、それこそ昨年の「なつぞら」では、オーディションによって抜てきされ、ヒロインのなつ(広瀬さん)の子供時代を演じた粟野咲莉ちゃんが注目を集めた。

 また、今年3月まで放送されていた戸田恵梨香さん主演の朝ドラ「スカーレット」では、主人公・喜美子(戸田さん)の夫・八郎役で俳優の松下洸平さんが大ブレーク。同ドラマにおいて「最大の発見」となったことは記憶に新しい。朝ドラの「発掘力」を見せつけた形だ。

 以上のように、朝ドラ主演の「抜てき枠」、または「若手女優の登竜門」としてのイメージは今後も薄れていくかもしれないが、実力のある女優・俳優を主演にキャスティングし、軸をしっかりとすることで、朝ドラ主演以外の役どころから、より一層、新たな才能が発掘される可能性も。その中には「未来の清原果耶」となりうる人材が含まれているのかもしれない。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る