美食探偵 明智五郎:“闇堕ち”した武田玲奈の演技に絶賛の声 「衝撃的」「向こうの世界に行った目」

テレビ
連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」第7話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さん主演の連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第7話が6月14日に放送された。武田玲奈さん演じる地下アイドル・ココが殺人を犯し、4人目の“マリア・ファミリー”となる“闇堕(お)ち”展開が描かれ、反響を呼んだ。

 第7話は、地下アイドル「爆音エンジェルズ」のメンバーとして活動するココがストーカー被害に遭い、明智(中村さん)がボディーガードを務めることに。そんな中、ストーカーの田畑(森永悠希さん)に注意したメンバーのひな(小池里奈さん)が、階段から突き落とされる事件が発生。田畑への憎しみに揺れるココは、マリア(小池栄子さん)から届いた毒入りのキノコのオイル漬けを、田畑に食べさせる……と展開した。

 終盤には毒を盛られて苦しむ田畑に、ココが冷たい視線を向ける様子が描かれ、SNSでは「向こうの世界に行った目!」「後半に連れて心情と共に変化してく表情が恐ろしかった」「武田玲奈ちゃんの死んだ目がきれいすぎた」「衝撃的だった」と、武田さんの目や表情の変化を絶賛する声が上がっていた。

 ドラマは「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などで知られる東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。中村さん演じる探偵・明智五郎が類いまれなグルメの知識を使って殺人事件を解決しながら、殺人鬼へ変貌した主婦マリアと対決する“恋する毒殺サスペンス”。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る