尾上寛之:「探偵・由利麟太郎」で志尊淳の同級生役 吉川晃司から「大人の色気」勉強

テレビ
特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第2話にゲスト出演する尾上寛之さん=カンテレ提供

 俳優の尾上寛之さんが、歌手で俳優の吉川晃司さん主演の5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話(6月23日放送)にゲスト出演する。ドラマは京都を舞台に、冷静沈着な白髪の探偵・由利麟太郎(吉川さん)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳さん)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。第2話「憑(つ)かれた女」で三津木の学生時代の同級生だった井出圭一を演じる尾上さんが、吉川さん、志尊さんと共演した感想や役どころなどについて語った。

 ドラマは、金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作。尾上さん演じる井出は、三津木とともに歩いていたところ、道ばたで放心状態となった祇園のクラブホステス・吉岡エマ(水上京香さん)に遭遇するという役どころ。クラブの常連客だった井出は、正体が分からない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、幻覚を見るほど心が病んでいるエマから「女性の死体を見た」と言われる。井出と一緒にいた三津木が由利に協力を仰ぎ、調査を始める……。

 --ドラマの台本を読んだ感想を教えてください。

 吉川さんとご一緒できると聞いて、緊張と興奮で心がざわついたのを覚えています。なんにも考えられなくて、初見は台本が頭に入ってこなかったです。

 --演じる井出圭一はどんな人物だと思いますか。演じる上で意識したことは?

 大人になりきれない、大人を夢見ている子供っていう印象です。自分の中での大人と子供のバランスを意識しながら演じさせていただきました。

 --この作品の魅力は?

 人間の心の闇の恐ろしさ、そしてなにより由利麟太郎がかっこいい!

 --京都での撮影はいかがでしたか。

 子役の頃から撮影所にお世話になっているので、嵐電(京福電気鉄道嵐山本線・北野線)に乗って撮影所に行くのも懐かしいですし、また帰ってこられたんだなとうれしくもあり、幸せな時間でした。

 --吉川さんの印象は?

 初めてお会いした時、あまりのダンディーさに見ほれてしまいました。日本人離れしたスタイルと細かい気遣いと、大人の色気を勉強させていただきました。

 --第2話の見どころ、注目してほしいポイントなどをお願いします。

 志尊君と同級生の役なんですよ。優しい目で見守っていただけたらなと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る