堺雅人&鈴木福:丸メガネ姿で45歳と15歳ののび太に! 2人ののび太に野比家&白戸家が大混乱

CM テレビ
堺雅人さんと鈴木福さんが出演するソフトバンクの新CM「のび太登場」編のワンシーン(C)Fujiko-Pro

 俳優の堺雅人さんと鈴木福さんが出演するソフトバンクの新CM「のび太登場」編が6月30日、公開された。藤子・F・不二雄さんの人気マンガ「ドラえもん」(小学館)を実写化したCMシリーズの最新作で、堺さんが45歳ののび太、鈴木さんが15歳ののび太を演じている。7月1日から放送開始。

 新CMは、同社のCMでおなじみの上戸彩さんらが扮(ふん)する白戸家の隣に、のび太ら野比家が引っ越してくるという内容。両家が引っ越しのあいさつを交わしていると、のび太の机の引き出しから45歳ののび太が登場し、白戸家と野比家は「えー!!」と驚き、2人ののび太に「複雑だ!」「キャラ多すぎ!」と混乱状態になる……と展開する。ドラえもんをブルース・ウィリスさん、のび太の父を小手伸也さん、母をお笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の渡辺江里子さんが演じているほか、白戸家からは樋口可南子さん、ダンテ・カーヴァーさん、お父さんが出演している。

 今回、45歳ののび太を演じた堺さんは「ドラえもんは子供のころからとても好きな番組だったので光栄です」と喜び、「タイムマシンがあったら、当時の自分に教えてあげたいですね。大人になったら、のび太の役をすることになるよと」とコメント。15歳ののび太を演じた鈴木さんは「実は小さいころから周りの人に似ていると言われていて、自分でもすぐ寝ちゃうところとか、勉強が苦手なところとか似ているなと思っていた」と明かし、「まさかこんな形で本当にのび太の役をやることになってびっくりしました」と話している。

 また、堺さんはドラえもんのひみつ道具が使えるとしたら、「『タイムふろしき』とか、『タイムマシン』とか、時間を行き来するひみつ道具を使ってみたい」といい、「死んだ人に会いに過去へ行ったり、生まれて来る子供の将来をのぞくために未来へ行ったり」と理由を語っている。一方、鈴木さんは「やっぱり『どこでもドア』が欲しい」と話し、「学校だと8時10分に起きても間に合うし、どこでもパッと行けるじゃないですか。タイムマシンや、学生なので『アンキパン』も欲しいですけど、結局一番は『どこでもドア』かな」と明かしている。

CM 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る