中条あやみ:連ドラ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」で主演 “あの世の裁判官”に

テレビ
中条あやみさん(C)NHK

 木元哉多さんの小説「閻魔堂沙羅(えんまどうさら)の推理奇譚(きたん)」シリーズが、女優の中条あやみさん主演で連続ドラマ化されることが7月2日、分かった。中条さんは、“あの世の裁判官”を演じる。今秋からNHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)枠で放送。全8回。

 ドラマは、閻魔堂の主・沙羅(中条さん)が生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを推理させるゲームを仕掛け、被害者に自分で自分の殺人事件の真相を解決させる異色のオムニバスミステリー。中条さんが着こなす、美しく色あざやかでバラエティーに富んだ“裁判官ファッション”も見どころの一つだという。

 ◇中条あやみさんのコメント

 閻魔大王の娘役! 初めて聞いた時いろいろな意味でビックリしました! いつかこのような特殊な役を演じてみたいと思っていたので、沙羅になれることが楽しみです!

 台本を読んでいて、毎話それぞれの人間ドラマがとても楽しく思いました。閻魔堂にやって来た亡者に対して沙羅が諭す言葉はとても大切な意味があり、ドラマを見ている方の心にも刺さると思います。沙羅の毒っ気もあり天真らんまんなキャラクターを大事にして、キャスト、スタッフと一緒に力を合わせて楽しい作品を作っていけたらいいなと思います。ぜひ、「死者復活・謎解き推理ゲーム」を一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る