ギルティ~この恋は罪ですか?~:第6話 “爽”新川優愛の逆襲スタート “瑠衣”中村ゆりかの卒業アルバムの秘密が明らかに

テレビ
ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の第6話のワンシーン (C)ytv

 女優の新川優愛さん主演の連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第6話が7月9日に放送される。予告映像では、新川さん演じる爽が「本当のことが知りたい。できることは全部やってみる」と決意する場面や、中村ゆりかさん演じる瑠衣の正体を探る様子が映し出されている。

 爽は親友の若菜(筧美和子さん)に、瑠衣によって陥れられた一部始終を語る。「瑠衣の行動は一真(小池徹平さん)を奪う目的としてはやり過ぎ」と若菜に言われ、爽は、瑠衣が本当はどんな人間なのか全く知らなかったことに気付く。

 瑠衣の正体を知るために行動を開始した爽は、一真に連絡し、瑠衣と出会ったのはいつなのかと尋ねる。一真は半年前に出会ったと告白。瑠衣が爽の前に現れたのは1年前であることから、爽は一真に、瑠衣が計画的に一真に近付いた可能性が高いと伝える。そんな中、秋山(町田啓太さん)は、連絡の取れない爽を心配していた。

 爽は、瑠衣について「あの子は一体誰なの?」と考えているうちに、瑠衣の部屋に遊びに行った時のことを思い出す。爽がこっそり見た卒業アルバムは一人だけ写真と名前が黒く塗りつぶされていたのだった。

 爽は若菜と共に、瑠衣の卒業した高校を訪ねる。爽は、学校の書庫で瑠衣の卒業年次のアルバムを見付け、黒く塗りつぶされていたのが誰なのかを突き止める。その顔を見た爽は驚き、ある記憶を思い出す。その頃、秋山の店には意外な人物が訪れていた……。

 原作は丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」(講談社)。女性誌編集者としてやりがいのある仕事に恵まれ、優しい夫・一真と理想的な結婚生活を送っていた爽はある時、高校時代に付き合っていた初恋の相手・秋山と再会。やがて周囲の人たちの裏切りが次々と明らかになり、傷付いた爽の中で、かつて支えになってくれた秋山への思いが再燃し……という新感覚“ドロキュン”ラブサスペンス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る