吉谷彩子:「探偵・由利麟太郎」最終章で“重要人物”に “初めてづくし”で「めちゃくちゃ難しかった」

テレビ
特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」最終話にゲスト出演する吉谷彩子さん=カンテレ提供

 女優の吉谷彩子さんが、歌手で俳優の吉川晃司さん主演の5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終第5話(7月14日放送)にゲスト出演。最終章の第4、5話「マーダー・バタフライ前編/後編」で、物語を動かす重要人物という若手女優の相良千恵子を演じている。最終話の放送を前に、吉谷さんが“初めてづくし”だという今回の役柄をはじめ、撮影現場の様子や共演者の印象、最終話の見どころなどを語った。

 ドラマは、金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作。京都を舞台に、冷静沈着な白髪の探偵・由利麟太郎(吉川さん)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳さん)と共に、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。

 第4、5話は「蝶々殺人事件」が原作。音楽団に所属するメンバーがオペラ会場の中央公会堂に集結する中、オペラ界のスター女優・原さくら(高岡早紀さん)の遺体が入ったコントラバスケースが運びこまれてくる。愛憎渦巻く複雑な人間関係が浮き彫りとなっていく……と展開する。相良はさくらを「先生」と慕う弟子であり、最終回では由利とともに事件を推理していく。

 ーー脚本を読まれた時の印象を教えてください。

 こういう現代劇だけどちょっと時代物っぽい雰囲気の推理作品の役は、今まで演じたことがなかったので、しかも、物語を動かす立場なので、そこに対しての難しさが最初にきましたね。

 ーー若手女優で歌手、相良千恵子という役を演じるにあたって。

 謎のど真ん中にいる役でもあるので、強い印象を残せるように、目力の強さはもちろん、言葉運びなども意識して演じました。

 ーー苦労した部分はありますか?

 率直なことをいえば、めちゃくちゃ難しくて(笑い)。言葉もそうですけど、長いせりふを淡々と力強くしゃべる役は、今まで経験したことがなかったので……。今回、自分のせりふはかなり読み込みました。“女優役”をするのも、初めてでした。推理していく役も初めてです。

 ーー横溝正史ミステリー「探偵・由利麟太郎」作品についての感想は?

 現代でありつつ、昭和の雰囲気を醸し出す作品って、今のドラマではあまりないと思うので、そこは、この作品の面白いところじゃないかなと思います。

 ーー吉川晃司さんの印象や、撮影現場での様子をお教えください。

 イメージではもちろん偉大な方というのがありました。実際お会いしてみると、その“偉大さ”はそのまんまで、一番びっくりしたのは、本当にお優しい方でした。“あの吉川晃司”が、こんなに優しいんだ!って(笑い)。私がちょっと「すみません。失礼しました。セリフ間違えました……」という場面があって、その時吉川さんが「僕が動けてなかったから。すみません。僕でーす」って、かばってくださったり。現場の役者さんやスタッフさんに愛される人だなあという印象はありますね。

 ーー志尊淳さんの印象はいかがですか?

 志尊さんが、一番年齢が近い役者さんではあって。今回初めて共演させていただいたんですけど、とっても話しやすかったです。私もあまり人見知りしないんですけど、彼もあまり人見知りはしない方みたいでありがたかったですね。話す内容としては、この現場を、今の動きをどうしていったらいいんだろうという話をたくさんしました。すごくお芝居に熱心な方だなという印象があります。

 ーー京都での撮影・生活はいかがでしたか? 楽しみにしていたことなどがあれば……。

 初めて嵐電に一人で乗りました。いつどこでお金を払うんだろうって迷いました(笑い)。ゆったりとした空気感があって、とても楽しめました。京都の方もすごく優しいですし、とっても魅力的な街だなと思いました。

 ーー最終話の見どころをお願いします。

 見どころは……次々に人がいなくなっていくところですかね(笑い)。私自身も、台本を読み終わるまで本当に犯人が分からなかったので、視聴者の方も、きっと最後まで犯人が誰か分からないと思います。一緒に推理していくような感覚で見ていただけると、より楽しんでもらえるんじゃないかなと。あとは、私が演じる千恵子がどんどん、“探偵気質”になっていきます。頑張ったので、ぜひ見ていただければと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る