未満警察 ミッドナイトランナー:第4話 竹内愛紗が忍成修吾に連れ去られ… 中島健人&平野紫耀がネット社会の罠に立ち向かう

連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」第4話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」第4話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、「King & Prince」の平野紫耀さんダブル主演の連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が7月18日に放送される。俳優の忍成修吾さんがカウンセラーを名乗る謎の男・指友指助役でゲスト出演。予告映像では、竹内愛紗さん演じる警察学校の生徒・野原さやかが指友に連れ去られる場面のほか、「ネット社会の罠(わな)」というテロップと共に、中島さんと平野さん紛(ふん)する本間快と一ノ瀬次郎が事件に立ち向かう様子が映し出されている。

 警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介さん)の座学中。「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を本間が真剣に聞く姿を、同期のさやかはどこか思い詰めたような表情で見詰める。

 午後からの体力トレーニングの授業中、さやかは訓練についていけず大ケガをしそうになってしまう。同じく同期の田畑翔之介(小平大智さん)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になっていた。

 その夜、さやかは自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿。すると、“指友指助”というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男から返信があり、さやかはその男にダイレクトメールを送る。翌朝、さやかは寮から姿を消していた。

 同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せる。そこには助けを求めるSOSのようなメッセージが書かれ、その文面からあることに気付いた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示する。本間はさやかに電話をかけるが、電話をとったさやかの目の前に指友が現れて……。

 理論重視で頭脳派タイプの本間と、感情先行型で肉体派タイプの一ノ瀬という“警察官未満”の2人が、警察学校を舞台に成長する物語。学校の授業で得た知識を駆使して2人が難事件に挑み、足りない部分を補い合いながら最高のバディーになっていく姿を描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る