注目ドラマ紹介:「40万キロかなたの恋」 千葉雄大主演 宇宙一面倒くさい男の史上最長の超遠距離恋愛作

テレビ
千葉雄大さんが主演を務めるテレビ東京の深夜ドラマ「ドラマ24特別編『40万キロかなたの恋』」第1話の一場面 (C)「40万キロかなたの恋」製作委員会

 俳優の千葉雄大さんが主演を務めるテレビ東京の深夜ドラマ「ドラマ24特別編『40万キロかなたの恋』」(金曜深夜0時12分)が7月24日スタートする。地球と約40万キロ離れた月周辺を漂う宇宙船でAIと暮らす偏屈な宇宙飛行士が、元恋人とモニター越しに再会したことをきっかけに生活が一変し、AIも巻き込む三角関係に発展するという宇宙一面倒くさい男の史上最長の超遠距離恋愛作品。千葉さんは宇宙船に長期滞在している孤独な宇宙飛行士・高村宗一を演じた。

 宗一の元恋人・鮎原咲子を門脇麦さんが演じ、AI「ユリ」の声を吉岡里帆さんが担当。高村が所属する宇宙機構「JAXIS」のスタッフとして、矢本悠馬さん、山田真歩さん、小松利昌さんも出演する。ドラマのテーマは「ウイズ・コロナの時代に改めて感じた、人と人が直接会える日常の大切さ」「孤独」「ぬくもり」。同作では“3密”を避けた撮影方法がとられ、宇宙船での一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、リアルタイム合成で映像化した。

 第1話は、宇宙飛行士の高村宗一(千葉さん)は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるため、1年間も宇宙に滞在している。極度の人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリ(声・吉岡さん)とともに宇宙で一人暮らす生活に満足していた。そんなある日、取材ディレクターの元恋人・鮎原咲子(門脇さん)と通信モニター越しで偶然再会するが……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る