半沢直樹:“花”上戸彩との“夫婦タイム”に視聴者「癒やし」 ラブレターを送った人物予想も

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)第2話が、7月26日に放送された。同話では、堺さん演じる半沢と、上戸彩さん演じる妻の花が、ラブレターについて会話するシーンが描かれ、SNSには「半沢直樹で唯一の癒やしシーン」「ほのぼの癒やしタイム」「仕事している時の半沢直樹とのギャップがすごい」「花ちゃんは半沢直樹における清涼剤」「花ちゃんとしゃべっているときの半沢の表情が好き」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 花から「お花の教室の奥様たち、どの株が上がるのかしつこく聞かれるの」と相談された半沢は、「株を買うということはその会社を応援することでもあるんだ。株の値段には、金額だけでは表せない人の思いっていうものが詰まっている。儲かるかどうかではなくて、好きになれるかで選んだほうがいいよ。ラブレターを送りたくなるような会社をね」と助言する。花は「よく言うよ~。ラブレターなんてもらったことないくせに」と指摘。何も語らずに笑顔でごまかす半沢に「え? あるの? どんな内容?」と、しつこく質問する……と展開した。

 ツイッターでは、半沢にラブレターを送った人物を予想する視聴者もいて、「絶対、渡真利(とまり、及川光博さん)!」「渡真利と確信」「渡真利に一票」という投稿のほか、「花ちゃんのメモ書きを、半沢はラブレターだと思っている」「黒崎(片岡愛之助さん)だ!」という声なども上がっていた。

 「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。2013年7~9月に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹(堺さん)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。同年の「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」では、半沢の名ぜりふ「倍返し」が年間大賞を受賞した。

  新シリーズは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 第2話は、大手IT企業・電脳雑伎集団に30%の株を買収された新興IT企業・スパイラルの社長・瀬名(尾上松也さん)が、太洋証券の広重(山崎銀之丞さん)の助言で、新株を発行して、この難局を乗り越えようとする。そこに、スパイラルの新株の購入相手としてフォックスの社長・郷田(戸次重幸さん)が名乗りを上げる。数日後、瀬名の窮地を救おうとする東京セントラル証券の森山(賀来賢人さん)を通じて、半沢は瀬名と接触。瀬名と郷田の打ち合わせに参加した半沢は、フォックスが新株を購入するための1000億円を用意するのは、難しいとにらむ……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る