菅田将暉:“3度目共演”小松菜奈の変化明かす 「主演感感じた」

映画
映画「糸」の完成披露報告会に出席した菅田将暉さん(左)と小松菜奈さん

 俳優の菅田将暉さん、女優の小松菜奈さんが8月11日、東京都内で行われたダブル主演映画「糸」(瀬々敬久監督、8月21日公開)の完成披露報告会に出席。2人は本作で3度目の共演となるが、菅田さんは「今回は意外と同じシーンはなかったけど、幼少期の思い出ありきのお芝居だったので、“初めまして”の人でなくてよかった」といい、小松さんの変わった部分を聞かれると「いっぱい差し入れするようになりましたね」と明かした。

 小松さんは撮影現場に豚汁を差し入れする予定だったようで、菅田さんは「『寒いから豚汁できませんか?』食材を調達できないかって電話で話していて、バリバリのキャリアウーマンみたいで頼りになるなぁって」とにっこり。また「これまでは撮影の合間に会話した記憶がなかったけど、今回はスイッチングというか、カメラの前に立つ以外の“俳優部”としてのケアが“主演感”を感じた」と話した。

 小松さんは、これまで菅田さんと共演した「ディストラクション・ベイビーズ」「溺れるナイフ」は、「激しいシーンが多かった」といい、「今回は王道のラブストーリー。いろんな作品を経て私たちはどう変化したのか、『糸』をどう見せるのかが面白さでもあった。縁というか、またご一緒できてよかった」と笑顔。本作で菅田さんは父親役に初挑戦しているが、「(子役の子が)ずっとかわいいと言っていて毎日その話をしているくらい。子供が好きと聞いていたけど、本当に一緒になって全部全力でしていたのでいいお父さんになるのでは」と新たな一面を発見していた。

 メガホンをとった瀬々監督は、2人を間近で見ていて「待ち時間も親しそうにしていた。ただ、芝居を始めるとなれ合いにならないよう2人でやっていた。どこか新しいところに行きたい感じを目指していて素晴らしいと思った」と演技の姿勢を称賛していた。

 映画「糸」は1998年にリリースされた中島みゆきさんの名曲をモチーフにしており、平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間のラブストーリーを描く。北海道で生まれ育ち、チーズ工場で働く青年・高橋漣を菅田さん、漣と運命的に出会いつつも中学生の時に離ればなれとなってしまう少女・園田葵を小松さんが演じている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る