竜の道:第4話 玉木宏の元に“記者”落合モトキが… “悪女”松本まりかが“妹”松本穂香に迫る!

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第4話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 3
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第4話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第4話「玉木宏&高橋一生、整形双子の復讐劇!妹に迫る悪女の罠(わな)!」が8月18日、放送される。

 霧島源平(遠藤憲一さん)は、ネット通信販売大手の「エニイウェイズ」との契約を勝ち取るため、無謀な業務拡大を加速。そんな中、竜一(玉木さん)は、源平に対して反発を強める息子の晃(細田善彦さん)に、クーデターを起こすよう持ち掛ける。そこへ、経済記者の沖(落合モトキさん)が竜一の「UDコーポレーション」を訪ねてくる。

 一方、まゆみ(松本まりかさん)からホームパーティーに招待された美佐(松本穂香さん)は、竜二(高橋さん)がまゆみとの結婚を望んでいると知る。傲慢なまゆみの態度に戸惑いながらも美佐は「私は妹にはならない」と、竜二と血のつながりがないと告白。すると、まゆみの顔から笑顔が消える。

 両親の形見の人形がキリシマ急便のグッズだったこと、そして霧島家の娘であるまゆみと竜二の不自然な関係に疑問を感じた美佐は、過去を知ろうと動き出す……。

 ドラマは、2015年に亡くなった白川道さんの未完の小説「竜の道」(幻冬舎)が原作。玉木さん演じる主人公の竜一と、高橋さん演じるエリート官僚となった竜二の双子が、両親を死に追いやったキリシマ急便の社長・源平に復讐していくサスペンス作。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る