私たちはどうかしている:観月ありさ演じる“最恐”女将が暗躍 オリジナルストーリー「Hulu」独占配信

テレビ
オリジナルストーリー「女将の部屋」のビジュアル(C)NTV

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の、観月ありささん演じる“最恐”女将(おかみ)・高月今日子が暗躍するオリジナルストーリー「女将の部屋」が、8月19日から動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが分かった。同日放送される第2話の地上波放送後から配信される。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 七桜と椿の結婚に反対している今日子は、気位が高くて上品である一方、執念深くて敵に回すと怖いタイプ。「女将の部屋」では、地上波では放送されなかった秘め事を描く。オリジナルストーリー第1話は、地上波第1話の物語の2カ月前。今日子がベテラン職人の富岡勝(岡部たかしさん)を自分の部屋に招き、厨房(ちゅうぼう)内で起こるすべての出来事を自分に報告するよう求める。大旦那への忠誠心から拒絶する富岡を、今日子は巧みに篭絡(ろうらく)していく……というストーリー。

 オリジナルストーリー第2話は9月2日の地上波第4話放送後、第3話は同16日の地上波第6話放送後、第4話は同23日の地上波第7話放送後から配信。全4話。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る