半沢直樹:第6話 “半沢”堺雅人VS“政府再建検討チーム”筒井道隆 “大和田”香川照之は「銀行、沈没」、“黒崎”片岡愛之助が再登場

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)第6話が8月23日に放送される。予告映像では「牙をむく国家権力」のテロップと共に、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこさん)が「派手にまいりましょうか」と言い放つ姿や、金融庁の黒崎駿一(片岡愛之助さん)が「お宅らが政府を怒らせたせいで、徹底的にやらせてもらうから!」と語り、机をたたくシーン、大和田(香川照之さん)が「銀行、沈没」と椅子に腰を落とすシーンなどが収められている。

 帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺さん)たちは、自らの目で現場で働く人々を見て、何とか再建案を作り上げた。しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆さん)は、半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと告げる。その強引かつ高圧的な態度に、半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

 そんな中、半沢が作成した再建案が、帝国航空内でも暗礁に乗り上げていた。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして約1万人もの余剰人員整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至。整備士ら専門職のメンバーは異業種への転職を断固拒否していた。彼らへの対応に追われる財務部長の山久登(石黒賢さん)はすっかり疲弊していた。

 白井国交相(江口さん)は、乃原から政府にたてつく半沢の態度を聞き、自ら銀行に乗り込む。この異例の事態に紀本(段田安則さん)、大和田(香川照之さん)、そして、中野渡頭取(北大路欣也さん)までもが政府の脅威を実感する。

 金融庁の黒崎(片岡さん)が、急きょ、銀行へヒアリングしに来る。そして、帝国航空を巡る、ある重大な過失が発見される……。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していく様を描いた。約7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」の実写化。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る