半沢直樹:第7話 裏切り者は“紀本”段田安則? “大和田”香川照之? “白井”江口のりこが“半沢”堺雅人に容赦ない圧力

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)第7話「裏切り者は誰だ!政府と直接対決へ!」が8月30日に放送される。予告映像では、大和田(香川照之さん)が「誰かが政府に情報を流しているとでも……」と語る姿や、半沢(堺さん)が「誰だ!」と目の前の人物に迫るシーンが描かれているほか、大和田が半沢に「君は頭取に屈辱の倍返しをしようとしているんだぞ」と叱責する姿などが収められている。

 半沢が帝国航空の立て直しを進める中、新規路線を進めるスカイホープ航空が、帝国航空の余剰人員受け入れを約束。しかし、新規路線の認可が突然、却下された。更に、金融庁から業務改善命令を出された東京中央銀行への世間の風当たりは、ますます強くなっていた。

 これらは、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこさん)が裏で動かしていた。半沢は、本気を出した政府の容赦ない圧力に追い詰められていく。だが、タイミングが良過ぎる。政府へ行内情報を流している裏切り者は、紀本(段田安則さん)なのか、大和田なのか?

 債権放棄の回答期限、「タスクフォース合同報告会」の日が迫る中、半沢は、最後の望みをかけて、開発投資銀行の谷川(西田尚美さん)を訪れる。半沢は裏切り者を見つけ出し、倍返しへの糸口をつかめるのか……。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していく様を描いた。約7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」の実写化。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る