MIU404:綾野剛&星野源に「やっぱり最高のバディー」の声 “九重”岡田健史の成長にも反響

綾野剛さんと星野源さんのダブル主演ドラマ「MIU404」の最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 1
綾野剛さんと星野源さんのダブル主演ドラマ「MIU404」の最終回のワンシーン(C)TBS

 綾野剛さんと星野源さんダブル主演の連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が、9月4日に放送された。視聴者からは、綾野さん演じる伊吹と、星野さん演じる志摩について、「やっぱり最高のバディー」「伊吹と志摩ちゃんのバディーは最強」などの声が続々と上がっていた。

ウナギノボリ

 「MIU404」は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(共にTBS系)などで知られる野木亜紀子さんが脚本を手がけるオリジナルドラマ。架空の設定の臨時部隊「第4機動捜査隊」を舞台に、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す1話完結の刑事ドラマ。

 最終回「《  》」では、同時多発爆破テロのニュース映像がフェイクだとわかり、大混乱は間もなく収束。しかし、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅんさん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れ、昏睡(こんすい)状態に。志摩は、フェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。九重(岡田健史さん)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子さん)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は……という内容。放送前は、サブタイトルが「《  》」という形で伏せられていたが、ラストに「ゼロ」と明かされた。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#MIU404最終回」が放送直後から早朝までトレンド1位になるなど、大盛り上がりだった。SNSでは、「伊吹と志摩のコンビ大好き」「伊吹が綾野剛さんで、志摩が星野源さんで本当によかった」「バディー物の刑事ドラマで最高峰だったんじゃないか」「二人の掛け合いのリズム感が好き」といったコメントが並んだ。

 また、九重役の岡田さんについて、「MIUの役柄の成長度合いがほんといい」「岡田健史くんいい役者になったね」「九ちゃんの親戚のおばちゃん気分で見てた 初回では頭でっかちそうだった子が、こんなにもしっかり育って!」「九重くんの成長っぷりに完全に心が母となり号泣」などの感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画