蒔田彩珠:18歳“実力派女優”来春朝ドラ「おかえりモネ」出演 ヒロイン清原果耶の妹役 「透明なゆりかご」でも共演

2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインの妹・永浦未知を演じる蒔田彩珠さん
1 / 1
2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインの妹・永浦未知を演じる蒔田彩珠さん

 女優の清原果耶さん主演で来春放送予定の2021年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の新キャストが9月11日、発表され、蒔田彩珠さんがヒロイン・百音(ももね、清原さん)の妹・永浦未知を演じることが分かった。

 蒔田さんは2002年8月7日生まれの18歳。2012年放送の連続ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(関西テレビ・フジテレビ系)や映画「海よりもまだ深く」(2016年)「三度目の殺人」(2017年)「万引き家族」(2018年)といった是枝裕和監督作品に起用され、2018年公開の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(湯浅弘章監督)で映画初主演を果たした若手実力派の一人だ。また清原さんとは2018年放送のNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」でも共演している。

 演じる永浦未知は、百音の2歳年下の妹。勉強が得意で、堅実に先を読んで行動するしっかり者。百音とは正反対の性格だが、昔から仲の良い姉妹だった。父と姉に代わり、自分が家業の養殖を担おうと、水産高校で勉強に打ち込んでいる。のちに水産試験場に就職。不器用で、意地っ張りな一面もある。

 「今回『おかえりモネ』で、すてきな家族の一員になれることがとてもうれしいです。未知は、やりたいことに対して真っすぐに突き進む百音を、本当は誰よりも応援したいと思っている心優しい子です。気仙沼の海の光や、登米の山の木漏れ日のように、何気なく過ごしている日常が輝いて見えてくる、そんな物語を、朝からお届けできたらいいなと思います」と話している。

 この日はヒロインを取り巻く「気仙沼の家族」が発表され、内野聖陽さんが百音の父・永浦耕治、鈴木京香さんが母・永浦亜哉子、藤竜也さんが祖父・永浦龍己を演じることが明らかにされた。また、語りと百音の祖母・永浦雅代(故人)を竹下景子さんが務めることも発表された。

 「おかえりモネ」は第104作の朝ドラで、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系、2017年)や「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)と話題作を次々と手掛ける脚本家の安達奈緒子さんによるオリジナル作品。

 「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロイン・永浦百音(ももね、清原さん)が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく物語となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る