海辺のエトランゼ:村田太志&松岡禎丞 早くも続編希望 「北海道まで行きたい!」 劇場版アニメ舞台あいさつ

アニメ マンガ
劇場版アニメ「海辺のエトランゼ」で声優を務めた村田太志さん(左)と松岡禎丞さん(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

 紀伊カンナさんの人気ボーイズラブ(BL)マンガが原作の劇場版アニメ「海辺のエトランゼ」(大橋明代監督)が9月11日に公開された。同日、橋本駿役の村田太志さん、知花実央役の松岡禎丞さんが登場する舞台あいさつの特別映像付き上映会が開催された。村田さんは、原作の「海辺のエトランゼ」の続編「春風のエトランゼ」について触れ、「やりたいです!」とアニメ化を猛アピール。松岡さんも「(『海辺のエトランゼ』は)1章ですから! 北海道(『春風のエトランゼ』の舞台)まで行きたいですね!」と思いを語った。

 村田さんは公開を迎え、「ほっとしているというのが一番の感想です。大変な時期を経ての完成なので……。いい作品に仕上がっていると思います」とコメント。松岡さんは「映画『海辺のエトランゼ』を楽しみにしていたので、(ドラマCDから変わらず)演じさせていただけることがうれしくて、この場に立てていることを噛み締めながら、皆さんに楽しんでいただきたいなという思いでいっぱいです」と話した。

 自身が演じた実央について松岡さんは「実央の不器用なようでストレートというのが、このキャラクターを象徴しているので、実央の危うい感じや、人間の欲望というと少し違うのですが“欲”を全面に出していこうとは思っていました」とこだわりを語った。

 駿を演じた村田さんは「実央が純粋な欲望をストレートにぶつけてくれるのとは対照的に、駿はすごく小難しく考えがちといいますか、いろいろな可能性を考えてしまうので、あれもだめこれもだめだと考えた結果、何もやらないという結論に達してしまうようなタイプ。よくよく考えると、演じる僕に似ているな……と」と共通点を明かし、「この状況を大事にしたいと思いながら演じました」と振り返った。

 松岡さんは「(駿と実央の)2人の関係値が、皆様の心に刺さると思います。もやもやしたりもすると思いますが、それでも、最終的には“なんだろう、この気持ち”と思っていただけるような、すごくいいあんばいの映画になっていると思います。ずっと心の中に残る作品になるように、僕たちも頑張りましたので、何度も見ていただけたらうれしいです」とアピール。

 最後に村田さんは「ドラマCDでやらせていただいた作品を、もう一度映像付きで演じさせていただけることに、声優として役者として本当にありがたいです。絶対に期待を裏切りません。駿と実央の恋の行方を見守っていただけたらと思います」とメッセージを送った。

 「海辺のエトランゼ」は、沖縄の離島を舞台に、小説家の卵の橋本駿と若くして両親を失った知花実央の初々しい恋愛を描く。アニメは、フジテレビのBLに特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」の「囀(さえず)る鳥は羽ばたかない」「映画 ギヴン」に続く第3弾として製作。

 原作者の紀伊さんが監修とキャラクターデザインを担当し、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当した大橋さんが監督を務め、「モンスターストライク」などのスタジオ雲雀が製作した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る