おじさんはカワイイものがお好き。:“小路”眞島秀和&“ケンタ”今井翼の友情に「感動」の声

テレビ
ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」の最終回のワンシーン=読売テレビ提供

 俳優の眞島秀和さんの主演ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の最終回が、9月10日に放送された。眞島さん演じる小路と、今井翼さん演じるケンタの友情が描かれ、視聴者から「おじカワ最終回泣いた」「おじカワに感動」「何歳になっても好きなものを一緒に楽しめる友達がいることは本当にすてきだと思います」などのコメントが上がっていた。

 ドラマは、ウェブマンガ誌「COMICポラリス」(フレックスコミックス)で連載中のツトムさんの同名マンガが原作。バツイチで容姿端麗、渋くて紳士的、仕事もできる“イケオジ”の営業部課長・小路三貴(おじ・みつたか、眞島さん)は、犬のキャラクター「パグ太郎」を癒やしとしている。見た目とのギャップがありすぎる秘密を、致命的な機密のように抱えて葛藤しながら生きる小路と、周囲の人間たちのやり取りを描いた。

 最終回は、「しばらく小路さんと会えないです」というケンタの言葉がよぎり、心が晴れない小路。ケンタへのサプライズにと応募し当選した“パグ太郎ドリームショー先行体験”のCMを見ては、切なくなるのだった。

 一方、真純(藤原大祐さん)の元には、出版社からマンガ家デビューに向けて話がしたいとの連絡が。真純は鳴戸(桐山漣さん)に、うれしくも不安な胸の内を明かし……という内容だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#おじカワ」がトレンド2位となるなど、盛り上がりを見せた。小路とケンタがお互いに思いを告げる場面もあり、SNSでは「おじカワ、キュンキュンするよ」「小路さんもケンタくんも気持ち伝えられてよかった」「おじさんとケンタがまた前以上に仲良くなれて見てるこっちも幸せになった!」などの声が上がっていた。

  また、今回が最終回ということで「ロス」を訴える声や、続編を求めるコメントも並んでいるほか、「ありがとうおじカワ」「小路さん含め全てのキャラクターがいとおしい」「すてきな作品をありがとう」といった意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る