エール:“ルパンレッド”伊藤あさひが甲子園目指す高校球児役 板垣瑞生、萩原利久らと初の朝ドラ

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」に出演が決まった伊藤あさひさん

 9月14日から放送が再開される窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のルパンレッド/夜野魁利役などで知られる伊藤あさひさんが出演することが9月12日、分かった。伊藤さんは初の朝ドラで、戦後再開された全国高校野球選手権大会で甲子園を目指している、高校球児の竹中渉を演じる。

 伊藤さんは「初めて、連続テレビ小説に出演させていただくことになりました。毎朝楽しみにしている作品『エール』の世界に自分が出演できること、大変うれしく思います。野球の経験も生かせる役を演じることになり、主人公が作曲した『紺碧(ぺき)の空』や『栄冠は君に輝く』を実際に聴きながら生活しています。何事にも一生懸命で真っすぐな竹中渉を、精いっぱい楽しみながら生きるつもりです。ぜひ登場を楽しみにお待ちください」とコメントしている。

 また、裕一(窪田さん)と音(二階堂ふみさん)の娘・古山華役で古川琴音さん、ラジオドラマのプロデューサーとして、戦後日本のドラマの原型を作っていく初田功役で持田将史さん、番組作りにまい進する放送局局員の重森正役で板垣瑞生さん、裕一の恩師・藤堂(森山直太朗さん)が戦地で率いる部隊の一等兵・岸本和俊役で萩原利久さん、長崎の医師・永田武役で吉岡秀隆さんの朝ドラ初出演も発表された。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る